悪徳会社への規制はないの?

本取引は、かつては取引に関する法律(いわゆる「業法」)が無く、規制も無かった為に、
多額の手数料を顧客から騙し取るといった悪徳業者が多発した。


しかし、2005年7月1日に金融先物取引法が改正されたことで以下の規制がかけられたことにより、悪質な業者は今後次第に淘汰されていくものと思われるが、過当競争状態になっている証券会社などでのトラブルや、本取引を騙っての詐欺事件が後を絶たない。
ふらふらあせあせ(飛び散る汗)


やはりありましたか悪徳業者( ̄へ  ̄ 凸 ってか。。。2005年改正って対応遅っw


金融先物取引法による規制 業者は登録制となり、
金融庁の監督下に置かれるようになった。
具体的には(具体的か?^^;)以下の禁止行為が設けられたそうです。


 不招請勧誘の禁止 。(招かれてもいないのに電話や訪問などでセールスを行うこと。)


1契約をしない旨の意思表示をした人に対する再勧誘の禁止 。


2断定的判断を提供しての勧誘の禁止 。


3広告規制 。


4手数料やリスクなどについての表示を義務づけられた。


5書面の交付義務 。(契約締結前取引成立証拠金受領時にそれぞれ書面の交付が義務づけられた。)


6外務員が登録制となった。


 


って。。メールでの勧誘はOKなのか??わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

FXって何だべ?

最近波乗りしてたり、テレビのCMで良く目にするFX。。目

今のご時世年金も当てにならないし、ちょっと調べて見る事に本眼鏡

FXとは・・外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)の事を言い、少額の証拠金(保証金)を業者に預託し、差益決済による通貨間の売買を行なう取引をいう。

(*'へ'*) ンー 何だか良く分かんないわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

さらに読み進めてみると、

我々が通常日本円(お金)でバナナを買うときは(何でバナナ?w)、実際にはバナナを買って円を売っているわけである。

これと同様に、日本円を売って米ドルを買う米ドルを買ってユーロを売る、というような取引をすると言う事らしい。。。

( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・ 例えのバナナが納得いかないけどw
何となく分かってきたぞ手(チョキ)

株の取引やデイトレードのような銘柄を見抜く眼力とか、専門知識は然程必要なさそう。。

これはもう少し調べてみる価値がありそうるんるん

「買い」の方の通貨をロング「売り」の方の通貨をショート、と呼ぶ。

上記の例では順に、
ふくろドルロング円ショート(またはドル円ロング)、
ふくろユーロショートドルロング(またはユーロドルショート)という言い方になる。

また、通貨のペアはUSD/JPY、EUR/JPY、EUR/USDなどと表記が決まっているので、ドル円ロングといえば円はショートされている。同様にユーロドルショートと言えば、ドルはロングされている。

(σo ̄)ホォホォ 成る程。。ひらめきひらめき

ちょっと具体的に考えてみると。。。ペン

例えば1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを買ったとして

その後、円高となって1ドル=115円になってしまったとすると。。。 このときの収支は、
1ドルあたり115円-120円=-5円だから、10万ドルでは50万円の損って事だよねぇふらふらたらーっ(汗)

じゃぁ逆に、
円安となって1ドル=125円になった場合は
50万円の利益となるって事?Σ(`・ω・屮)屮オオォォォ!!

豊かな老後へレッツGO〜やね(爆)

でも、安易な投資は×!ダッシュ(走り出すさま)やっぱりプロに聞きながら。。検討かな??わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

って事で資料請求してみようかなぁ。。。

FXの特徴って。。。何?

為替レートが同一の時の、売り相場と買い相場の差が小さい。また金利差によるスワップポイントも、他の金融商品より有利な場合が多い。
[emoji:e-181]レバレッジをきかせることによって証拠金の何倍もの外貨を取引することができ、
レバレッジの倍率を高くするほど為替相場の変動によるリスクは高まる。
(取引業者によっては100倍以上の高レバレッジが設定可能だそうです)逆に証拠金と同額の外貨を取引する(レバレッジ1倍)
という外貨預金に近い比較的低リスクな取引もできます(´▽`) ホッ


因みにレバレッジが100倍と言う事は、1%の変動(1ドル=100円から1ドル=101円)が100%の変動になると言う事なので、利益なら証拠金が2倍になる反面、損失ならこれだけで全てを失う事になるので要注意です(滝汗


商品先物の証拠金取引と同様、損失が一定額を超えると、ロスカットルールによって強制的に反対売買がなされます。
またそれよりも損失の小さい段階で(会社によって違う)追加証拠金の差し入れを請求される(マージンコール)
場合もあるので資料をきちんと読んで確認する事をオススメします。


多くの外貨建て商品では、外貨(米ドルなど)を買ってから一定期間後に売るという取引になりますが、FXでは逆に外貨(米ドルなど)
を売ってから、一定期間後に買い戻すことも可能です。(いわゆる「売りから入る」取引)。 なので、日本円しか持っていなくても、
「米ドルを売ってユーロを買う」といった取引もありです。 [emoji:e-184]課税方法として、為替差益(儲かった分)
は取引方法により2種類の課税方法に分かれます。


くりっく365(東京金融先物取引所による取引所取引): 差益・スワップポイントとも雑所得(申告分離課税)。
先物取引との損益通算・損失繰越が可能。


店頭(相対)取引: 差益・スワップポイントとも雑所得(総合課税)。なんか自分でも脳みそウニ化してますが、
大体こんな感じみたいです。 詳しくはプロに聞いたほうが安全w

円相場ってぶっちゃけわからんw

って事で又々ググってみますた^^;; 最近ググってばかりですw


円相場とは。。。 国際市場において、日本の通貨である円の相対的価値が、何らかの意味で基準とみなされる水準よりも高い状態を「円高」、逆に低い水準であるとき「円安」という。


 


先生ノノ さっぱり意味がわかりませ
(爆)


 


分かりやすく言えば、今まで1ドル120円だったが、
1ドル115円になった場合には、円高になる


 。。。。やっぱりわかりませ〜ん
(自爆)


 


つまり、より少ない額の「円」で、1ドルと交換できるようになると言う事で、
同じ円でもより多くのドルを買えるようになると、円高という事。。


 。。。。
何となくわかりました〜


(やっとかよ(爆))


 


 (追記)円高 2006年現在、110円以下になった時には、明確に円高という。

主なリスクってどんな感じ?

考えられるリスクについても調べてみました♪


外国為替相場の変動 相場の変動がある以上、利益が期待できる反面、
損失を受ける場合がある!(当たり前か^^;)
証拠金の何倍もの取引を行う事が出来る為、
損失が預託した証拠金を超えて、さらに上乗せで証拠金を請求される事も当然ありえます。


業者に対する信用リスク 客から委託された証拠金を、
自社の資産とは別勘定で信託銀行に信託するといった保全管理をしていない業者の場合、
破綻した際には預託していた証拠金が戻ることは期待できない。
ヾ(・・;)ォィォィ 業者によって証拠金の管理方法が異なるので約款などで良く確認する事が必要です。
読むのがめんどうだったら直接電話かメールで。。普通24h対応だし(マテ


マイナススワップポイントのリスク 高金利の通貨を売り、低金利通貨を買う取引をする場合
(2006年12月現在ではドル売り円買いなど、多くの円買い取引がこれに相当)、スワップポイントの支払いが必要となる。
スワップポイントはその通貨ペアを保有している限りついて回るので特に長期売買の時にはスワップポイントの収支がバカにならない額になる事があるので注意!
口座開設をして証拠金を入れて取引を開始する気持ちがあるのなら、
納得がいくまで担当の方にしつこーく受信拒否される勢いぐらいで質問しないと痛い目に会いますねぇ^^;;

カテゴリ
新着商材レビュー(4)
FXってなぁに?(5)
資料請求画面集♪(7)
為替最新情報♪(493)
無料特選レポート集(54)
外国為替 レート(3)
外国為替 fx(3)
外国為替 証拠金取引(3)
外国為替 fx 証拠金(2)
外国為替(3)
RDF Site Summary
RSS 2.0

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。